若手社員へのインタビュー

株式会社FelixFilmで活躍している若手社員のインタビュー記事を掲載しております。
志望動機、仕事へのやりがい、入社希望者に向けてリアルな声をお伝えいたします。

3DCG部

2019年入社
Touch Tantanee/CGアニメーター

Q. 入社の動機、FelixFilmに決めた理由を教えてください。

会社のサイトに乗っている作品が一番の理由です。ずっと前から色んなジャンルのアニメを見ていたので、FelixFilmが制作した作品のほとんどは知っている作品でした。
その中にお気に入りの作品があったので、応募書類を送ってみました。それと、面接時の印象と会社の雰囲気に好印象を得たのでここに決めました。

Q. 現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

ずっとやりたかった仕事が出来ることだと思います。今までに様々な仕事を経験してきましたが、やはり一番楽しいのは自分が本当にやりたいことです。自分が頑張って作ったカットが、テレビやアニメ配信サービスで見られるのは少し恥ずかしくもありますが、自分の成長を見られるのは嬉しいです。
あと落ち込んだ時など、休憩時間を利用してフリースペースで先輩たちと楽しい会話ができたり、人生相談の相手になってくれる人までいて、頑張って続けられるいい職場だと思っています。

Q. 入社希望者に向けて

自分は落ち込みやすい人なので、入社する前は色々な事に不安がありました。自分は外国人なので、皆とうまくコミュニケーションを取れるかな…ちゃんと仲良くなれるかな…ちゃんとお仕事出来るかな…という沢山な悩みがあって何日も眠れませんでしたが、入社して仕事を頑張ってみればそんな怖いことではないと分かりました。もちろん、最初は緊張しましたが、ディレクターや先輩の方々は優しい人ばかりで、分からない事や慣れない事があるときはすぐ丁寧に教えてくれましたので、段々仕事が楽しくなりました。やはり、気持ちは大切ですね。
皆さんは分かっている事と思いますが、アニメを作るのはかなり労力が必要です。たった2~3秒のカットに何時間もかけて作ることもありますし、場合によってその頑張って作ったものをリテイクされて自信を失うこともあり、結構大変な仕事です。
でもアニメを愛する気持ちがあれば、今まで見たことのない視点からアニメが見れるようにもなります。今まで興味がなかったジャンルにも触れる機会もあって、今まで感じた事がない「アニメーション」の素晴らしさを味わえます。それは自分にとってこの仕事の一番楽しいことだと思って頑張って続けられます。
アニメスタッフ側にしか見られない部分を見てみたいなら…是非ポートフォリオを送って来てください。

2019年入社
橋本俊希/CGアニメーター

Q. 入社の動機、FelixFilmに決めた理由を教えてください。

まず最初に、Felixをラテン語で訳した言葉を含め、アニメを作って幸せになろうという内容をHPで拝見し、制作側の幸せまで考えているんだと興味をもちました。
そして、2Dと3DCDに合わさった新しい映像を目指している姿勢に強く共感して、入社を決めました。

Q. 現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

現在の第一線で働いている先輩方と共に仕事をできていることに、やりがいを感じています。先輩方に限らず、現場でクオリティの高いアニメーションなどが輩出されると、より良いものを目指して制作しようという気持ちになります。そんな中で自分の実力以上に発揮した成果物が出来ると、自分の成長と存在価値を実感でき、また新しいやりがいを感じることが多いです。

Q. 入社希望者に向けて

勤務体制が現在フレックスタイム制ですので、ある程度自分で出退勤を決めることが出来ます。ですので、自分のライフスタイルをコントロールすることができ、体調管理がしやすい環境ともなってますので、この業界に興味ある方は是非一度選考されてみてはいかがでしょうか。

2020年入社
AnnMarie Gonzalez/CGアニメーター

Q. 入社の動機、FelixFilmに決めた理由を教えてください。

アメリカ人なので日本語の能力が万全ではなく就職活動時、面接が大変でした。
自分の考えをうまく伝えられなかったのですが、面接をしてくれた上司が優しく聞いてくれました。
オフィスは良い雰囲気があるし、上司と先輩たちは親切だし、アニメーションに深く関われるので、この会社で頑張って働きたいと思いました。

Q. 現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

現在は3Dアニメーションと3Dレイアウトを制作しているのですが、日々新しいカットを作業する事で、スキルアップに繋がっている事にやりがいを感じます。

Q. 入社希望に向けて

明るい環境で一緒にアニメを制作しましょう。

制作部

2020年入社
村上健之助/制作進行

Q. 入社の動機、Felix Filmに決めた理由を教えてください。

元々オリジナルアニメを作ったりアニメ化を企画することに興味があり、それを長期的な目標と据えたときに、まずは制作としてアニメ制作の現場を知り、経験を積むべきだと考えました。
アニメ制作会社を探すうえでいくつかの求人サイトを利用して探しましたが、まず第一に求人情報が詳細に書かれていたことがFelix Filmに応募する決め手になりました。
その後就職活動でいくつかの制作会社に行った折、会社の雰囲気や面接の様子などを就活の記録としてノートに書き留めていたのですが、中でもFelix Filmは壁や床などの様子から明るい印象を受けました。また、面接でもこちらの話をよく聞き入ってくださり他社の面接よりも心地よい時間を過ごすことができました。そういった職場環境の面でもここで働きたいという意思がより固まったと思います。

Q. 現在の仕事において、どんなところにやりがいを感じますか?

Felix Filmでは制作進行において、最初の人集めから納品までを、ほぼ全面的に一人でこなすように任されます。最初の人集めでは、アニメーターや撮影会社など自分が何も知らないところからスタートして、その人や会社に依頼することで納品物の状態や納品ペースなどがわかってくるので、そういった情報をやりながら蓄積できるのは主体性を持ってやることができ楽しいところでもあります。もちろんほとんどが初めてのことなのでわからないことも多いですが、先輩や上司が親身に相談に乗ってくれるなど、働きやすい環境も整っています。
そしてやはりアニメ制作なので、自分がやってきたことが映像になったときは、とてもやりがいと達成感を得られる仕事だと感じています。

Q. 入社希望者に向けて

この仕事は決して楽な仕事ではありませんが、充実感と達成感においてはとても満足できると思います。興味だけではなかなか続けられる仕事でもありませんが、一度きりの人生で何かの目標を成し遂げたい人、世に自分がかかわった映像作品を輩出していきたい人などには、ぜひ挑戦してみてほしい仕事でもあります。
わからないことや難しいことには、みんなで協力し合って乗り越えられますので、一緒に作品を作っていきましょう!

作画部

2020年入社
李蒙蒙 (リ モンモン)/アニメーター

Q. 入社の動機、FelixFilmに決めた理由を教えてください。

描くという点において、男性のキャラより、女性キャラの線の柔らかさと力强さを両立させることに魅力を感じています。なので、女性のキャラが多い作品を作りたいと考えておりました。会社の情報を集めていた際、ネコぱらovaという作品を知り、会社のHPを拝見し、ネコぱらTV番組を製作中という情報を得て、こちらで働ければ作品に携われるチャンスがあると思いました。
また面接前、業務内容・待遇を伺った際には詳しく説明していただいただけでなく、業界の厳しい現状とアドバイスもいただいたので、率直で誠意がある会社と思い、ここで働きたいと思いました。

Q. 現在の仕事において、どんな所にやりがいを感じますか。

一歩ずつですが、出来ることが増えていっている日々にやりがいを感じています。今はアニメーターとして動いています。基本的には、原画と原画の間にポーズを変えた絵を描き動いて見えるようにすることです。
専門学校でアニメーションの制作を学んだのですが、実際に中割りを作り上げる大変さは専門学校で聞いていた話の何倍も大変でした。会社に入りたての頃は、線が一本だけも上手に描けなかったので、本当にショックを受けました。「自分ができるかどうか」と不安になることもありました。
しかし、経験豊富な先輩方が、丁寧に技術や仕事の進め方など教えて頂いて、簡単なことから、一人で出来ることが増えて、自信も生まれました。
これからも、もっともっと技術や知識を磨いていく事が当面の目標です。

Q. 入社希望者に向けて

外国人として会社に入ったところ、日本の文化や仕事の仕方など、色々な困難がありますが、 思っていたような暗いイメージもなく、職場は和気あいあいので、すぐなれると思います。仕事をとことんまでやること、スキルが身につくまでがんばることが大切だと思います。そして、技術力だけでなく、アニメ制作への真摯な姿勢がそのまま作品に反映されている事を肌で感じられるので、仕事に熱心に取り組みつつ、目標に向かって一緒に頑張りましょう。